• 製品ラインナップ
  • 商品案内
  • 料金プラン
  • レンタル・購入の流れ
  • よくある質問
  • お問い合わせ

トピックス

RSS

2016.01.05
【コラム】医療現場での衛星携帯電話活用について
平成25年現在では、モバイルパソコン、携帯電話各社のデータ通信の普及や、多くのDMAT指定病院に衛星携帯電話が配備されるようになり、被災地内でもインフラに左右されずインターネット環境を確保できる状況になりつつあります。

阪神・淡路大震災では、災害時の初期医療体制が十分確立していなかったほか、医療機関のお互いの情報、行政や他県医療機関等への情報発信、共有ツールが無く、被災時は電話の輻輳など通信手段の問題もあり、互いの情報がわからないままという状態でした。

こうした背景から、広域災害救急医療情報システム(EMIS)が構築されてきました。

現在では広域災害救急医療情報システム(EMIS)と衛星携帯電話が相互に連携し、迅速な治療をするための方法として活用されるようになっています。
2015.12.11
【活用事例】イリジウム衛星携帯電話を活用した危機管理体制の強化(栃木県)
栃木県庁様では4台のイリジウム端末を災害時拠点になる県の主要出先機関に各1台配備するとともに、県庁の屋上にイリジウム端末を屋内でも使えるようにするためのイリジウムアンテナを設置。さらに、構内の専用電話機に接続するインテリドックも導入し、庁舎内にある「危機管理センター」から直接イリジウム端末への通信手段を確保し、情報収集をするというスタイルを確立している。
2015.11.10
商品ラインナップのページを更新しました!
スラーヤ衛星携帯電話
⇒主な特徴の部分を更新

国際携帯電話
⇒商品ラインナップの一部変更

本日、上記2つのページを更新致しました!

ぜひご覧ください。

ご不明がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
2015.10.08
IsatPhone Proの紹介ページを更新しました!
本日、IsatPhone Proの紹介ページを更新いたしました。

IsatPhone Proの公式ページ、ユーザーガイド、クイックスタートへのリンク先URLを変更致しました。

宜しければご覧ください。

IsatPhone Proの紹介ページはこちら!
ページ上部へ戻る
シーン・目的別で探す
  • 船上・山間部など僻地の通信手段通常の携帯電話が利用できない僻地での連絡用にも便利です。
  • 防災・災害時など緊急の通信手段災害時に地上回線が利用できないときのバックアップとして使えます。
  • 日本語Eメール対応携帯電話日本語でのEメールが可能な国際携帯電話です。

ホームページ制作はこちら