• 製品ラインナップ
  • 商品案内
  • 料金プラン
  • レンタル・購入の流れ
  • よくある質問
  • お問い合わせ

トピックス

RSS

2016.10.06
【コラム】ソフトバンクが衛星使った携帯電話システムの試作機を公開
ソフトバンクは2016年6月9日、人工衛星を使った携帯電話の無線通信システムの試作機を都内で公開した。衛星通信システムとして世界で初めて高速通信サービス「LTEアドバンスト」に対応したという。衛星からスマートフォン(スマホ)に電波を直接送れ、山間部など日本全国を通信圏内にできる。大地震で地上の基地局が倒壊した際に代替するなど災害対策にも役立てられる。

現在のスマホは電波の出力が弱く高度3万6000キロメートルの衛星と通信ができないため、高性能なアンテナを搭載した端末も試作した。今後、スマホの性能向上が進めば市販の製品でも衛星と通信ができるようになるという。周波数の割り当て申請や衛星の打ち上げ、費用対効果の検証、試験運用を経て2020年代前半の実用化をめざす。


出展:(http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ09H2A_Z00C16A6000000/)
2016.09.07
高等学校、中学校、小学校の修学旅行、林間学校で衛星携帯電話をご利用いただいてています。
いつも有限会社アクアテックをご愛玩いただきありがとうございます。

当社の衛星携帯電話は高等学校、中学校、小学校の遠足や修学旅行、林間学校の際に、衛星電話をご利用いただいています。
もしも、のときの為にお持ちいただくケースがほとんどです。

使用しなければ通話料は発生しませんので、万が一の時の為にレンタルでご提供できます。

衛星携帯電話の販売、ご相談も受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから!
2016.08.01
2016年夏季休業のお知らせ

いつも当社をご愛玩いただき、誠にありがとうございます。

当社は2016年8月7日(日)〜2016年8月14日(日)まで夏季休業とさせていただきます。

なお既にご予約いただいておりますお客様への機材は予定通り発送させていただきます。
また機材の受け取りは従来通り行わせていただきます。
ご迷惑をお掛けしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。



有限会社アクアテック
2016.07.21
【コラム】福岡県宗像市、庁舎と全避難所に衛星携帯電話を41台配備へ
福岡県宗像市は市の指定する全避難所39カ所と市本庁舎などに計41台の衛星携帯電話を配備する。大規模災害や緊急事態発生時に本庁や警察、消防などとの通信手段を確保するのが目的。福岡市などが一部の公共施設に数台置いているが、全指定避難所は県内で初めてとのこと。
東日本大震災では、東北と関東地方の一部で電話のケーブルが断線し、通話できない状況が続いた。携帯電話も集中して通話規制が取られた。こうした中で威力を発揮したのが、場所を問わず利用可能な衛星携帯電話。宗像市は災害発生時の通信手段として衛星携帯電話が不可欠と配備を決めた。
対象は全小中学校22校、10コミュニティ・センター、市民体育館、宗像ユリックスなど。市生活安全課に2台、離島の大島行政センターに1台を置く。
ページ上部へ戻る
シーン・目的別で探す
  • 船上・山間部など僻地の通信手段通常の携帯電話が利用できない僻地での連絡用にも便利です。
  • 防災・災害時など緊急の通信手段災害時に地上回線が利用できないときのバックアップとして使えます。
  • 日本語Eメール対応携帯電話日本語でのEメールが可能な国際携帯電話です。

ホームページ制作はこちら